特に中高年の方に知ってもらいたい”M式キーボード配列”の紹介ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

pomeraDM100を使って見た

pomeraDM100  2011年11月発売日にポメラと購入したことは前の記事に書いた通りだが、ブログの再スタートに辺りファーストインプレッション的なものを書き残しておこうと思う。
初代DM10を買って興奮した記憶と、数ヶ月後には使わなくなり友達にプレゼントした記憶も薄れてきているなかで、DM100の発表を知ってまたもや興奮してくる自分にあきれている。この際、この興奮状態をきちんと記録にとっておこうと思って詳細にポメラ購入記を記しておく。あくまで私的な見解としてではあるし、自分に宛てた記録なので、他人からみたら意見の相違もかなりあると思う。それには反論もしないが、訂正やお詫びもしない。私が感じたことを記しているだけなので。

それではファーストインプレッションも兼ねてポメラを使ってみた感想。
価格について:購入は船橋ビックカメラ。31800円で10%ポイント
 ポイントを考慮すれば購入時点では価格コムの最安値とあまり変わらないので、速攻で入手できたことを思えばベストだと思っている。
 定価37800円 これが高いか安いかは評価の分かれるところ。その昔シャープの電子手帳を12万でも買った者としては安いともいえる。ただパソコンが数万で買える時代に約4万円とは高い気もする。
 しかしほかでもないポメラである。ポメラでしか出来ないことも多い。
 単に価格だけで言えば2万前後だったらもっと多くの人が購入するだろう。そうするとよけいな心配かも知れないがDM10や20の価格をはどうするかという問題が残る。確かに敷居が低くなった分購入する層は拡大するかも知れないが、いろいろと機能的に削られることもあるかも知れない。たぶん現在の購入層の多くは価格を下げて機能を削られるより機能優先だと思う。実際私もそうだし。
 とすると価格を下げても、機能を削ることによってポメラ購入をためらう層も出てくるはずで、結論から言うと価格は妥当と感じた。実質30000円を切っていることだし。もちろん機能はそもままであれば価格は安いにこしたことはないのも勿論である。 と購入時の頃に書き残したメモがあったが3ヶ月経過した現時点では2万円強で買えるようだ。少しショック。

取り出して感じたこと。
 黒い化粧箱に入っていて薄い。ちょっと残念なのは乾電池が入っていなかったこと。eneloopの使用もできるためユーザーが後で選べばとの配慮だろうが、あればすぐに使えるので便利だという感じ。値段の問題ではないので、実際喫茶店ですぐに取り出して使おうと思ったら同梱されていないことに気づきすぐ店を出て買いに行ったくらい。お試し用の乾電池ならコストアップにもつながらないので同梱して欲しかった。もちろん大した問題でもないことだが。
 取り出してすぐに感じたことは”軽い!”ということ
 軽い!という表現よりも”めちゃ軽い!!!”と表現したいほど軽い。
 乾電池を入れてもなおかつ同様の感触である。とても不思議だ。DM10よりも軽く感じた。実際はほぼ同じなのだが。やはり薄い外形がそう感じさせるのかも。
 タブレット用に繋げるブルートゥースキーボードも2個ほど持っているが、それらと比較してもポメラは軽いと感じる。
 DM10、20の外形とDM100の外形のどちらがよいかと言えば、これは全く個人的な嗜好の問題だが、私自身はDM100の薄型を好む。実際DM10を手放した理由の(ほんの)一部には、厚みのある形状が原因でもある。

 少し不満点 
 これは人によって気になることかもしれないが、個体差と思うが私のポメラは机の上に置いた瞬間、本体左手前がほんの少し浮いている。ポメラの底面はゴム足が手前側に3カ所、後ろ側に2カ所あるのだがこの手前3カ所のうち左側のゴム足が気持ち浮いている。
 両手をおくとその重さでぴたっとするのでほんの気持ちなのだが気になる人がいるかも知れない。
 私は少し乱暴かも知れないが左手前側を軽くねじってあげると平行になるのでそれで良しとしている。
 ポメラ本体はプラスチックでしかも薄いためにかなりたわむが、これはねじらないで極薄のゴム足をもう1枚敷いてあげたほうがよいのかも知れない。
 追加補足 最近、使っていて気がついたが場所によっては水平にピタッと置ける時がある。ほんとうに気持ちの問題なのかも。

サイズ、キーボードなど
 キーボードは折りたたみからストレートになったことの方がメリットが多い。
 今までの「開いて、開いて、スイッチオン」の3アクションから「開いて」だけのワンアクションだけですぐに書ける。これは大きい。ポメラの真骨頂だろう。
 蛇足だが、DM10発売当初、折りたたみのギミックのおかげでかなりの反響を呼んだ。それがポメラらしさと考えてDM100を、ポメラらしさを失ったと評価する向きもあるが、それは見当違いではないだろうか。

 ポメラは開いてすぐに書ける(だけ)ということを標榜して商品化され、それが支持されたと思う。それならばより素早く書くためにワンアクションになったことはよりポメラらしく進化したと言える。
 しかしすばやく書けるという観点からみると若干の弱さも見えてくる。
 それはとても開けにくいということ。これは買ってみないとわからないことなのでここに特に書いておこう。ワンアクションだがポメラは扉を開くというよりも「こじ開ける」という感覚に近い。
 キーボード右奥にある(あえて言うが)無駄なセキュリティホールはデザイン上のアクセントにはなるが全く役に立たない。どうせなら、これを扉側につければ、それが取っ手になってすぐにあげることが出来る。◇◇このアイデアは良いでしょう!

ATOKとショートカット..
 ATOKが使えるのはもちろんありがたいのだが、今回よりパソコンの辞書をインポート出来るのは大進化。次は変換学習も取り込めるとありがたいので一言。
 ショートカットとしてほぼDOS時代と同じものが使えるのは特にありがたい。いわゆるコントロール+C、V、O、Nなどの編集操作や、F7,8, 9, 10の変換時の操作など、マウスよりもキーボード操作になれたユーザーにはとてもうれしい機能だ。
 ポメラは入力環境に機能を絞って開発されているので、間違いなくパソコン(最近ではアンドロイドタブレットも)と一緒に使うはず。そうした場合に両方での入力操作に統一感がでるのは、ユーザーにとてもうれしいことだ。

カレンダー機能
  はっきりいってこれはおまけと思うとよくできている。週間表示ができて内容まで確認できるのは良いことだ。出来れば月間表示にも内容がほしいところ。
  しかしカレンダー機能に期待するとやはりパソコンとの同期を求めてしまうため、結果としスマートフォンに近くなってしまう。通信機能が必要になり本来の機能にしわ寄せがくるのでおまけと考えておこう。
  つまり入力環境にこんなにも便利な機能を用意してくれてありがとう。しかもカレンダーまでついているなんで!という感じ。

液晶画面とサイズ
  シリーズが進化するたびに画面サイズは大きくなってきた。(廉価版をのぞく)これは大変好ましいし当然の進化と受け止めている。キーボードがストレートタイプになったことで横幅に余裕が出来たのでもっと画面サイズも横に広くとって1行の文字数を多くした方がとの意見も聞かれる。私見だがこれで十分ではないだろうか。横幅が大きくなって困るということではないが。もしそのために乾電池の持ちが悪くなるようだったら私はそのサイズで止めて欲しいと思う。
 文字サイズの種類が増えたことにも感謝。中高年になると文字の大きさの方が気にかかるところ。今回8種類に増えたので私てきには大いに助かっている。もっともほとんどフォントサイズは24×24dotしか使っていないが。
 今回なにより評価したいのが液晶にバックライトが付いたこと。
 もっと前のバージョンからあってしかるべきものと思っていたがとにかく暗いところでも入力出来るようになったのはうれしい限り。

スポンサーサイト
2012-03-11 : 未分類 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

pomeraDM100とEee Pad Transformerはベストな組み合わせ!

pomeraDM100 pomeraを発売日即日(実は翌日だが)購入した。一号機のDM10も使っていたがふたを開けるギミックが面倒だったり、扱える文字数に大きく制限があったりと入力専門機としては良いものと思っていたのだがほぼ1ヶ月ほど使って友達にあげてしまった。その後の小規模な改訂があったが購入には至らなかったが、DM100が発表されたスペックを見て即買いに至った。
価格は多少高いが私が欲していた機能がすべて盛り込まれていることを考えれば十分安いともいえる。


蛇足だがpomeraを購入する層のほとんどは開閉するキーボードのギミックに魅せられていると思うが、私にとってはこれは不要。ギミックとしてはおもしろいが開閉する手間が掛かる。ふたを開けてキーを開いてスイッチを入れると3アクションもかかる...というわけで私にとってはDM100は希望通りの進化となった。
因みに進化した内容は次の通り、すべて欲しいと思っていたものだ。

 ●キーボードの折りたたみ機能がなくなった事。
 ●扱える文字数が大幅に増えたこと。
 ●バックライトがついて暗いところでも書けること。
 ●親指シフトが使えること。
 ●ATOK内蔵ということ。
 ●そしてここが重要...「Bluetoothキーボードになること」

pomeとTF101 この最後のBluetoothキーボードになるというのが即買いの理由。
前の記事に戻るがEee Pad Transformer TF101を購入してアンドロイドの起動の早さ、キーボード一体型からくるパソコンと劣らない入力環境、Excel、Word、PowerPointが閲覧程度であれば十分使えるということが分かってきたので、最近は外出時にはこれ一本で済ますことが出来るようになってきた。
だが暫く使ってきているうちにもう少し欲が出てきた。重さである。TF101はキーボードを合わせると約1.3キロ強。
パナソニックのノートより重い。年をとると重量が気になるため最近はキーボードを外して外付けBluetoothキーボードを購入して使っている。これで幾分重量を稼ぐことが出来た。ならば一体型のTF101を購入する意味がないという意見も出てくるがまさしくその通りなのだ。
思考を整理するために素早く書けるという環境はやはりpomeraは群を抜いている。文字以外は全く駄目なためスケジュール確認やワードエクセルなどにはアンドロイドのTF101が必要で、この二つを持ち歩くことで軽さを得ながらパソコンと同等の作業を出先でも出来るというわけである。
上の写真のようにpomeraの画面を少し閉じる形で使っている。タッチタイプで入力しているのでキーボードは見ないため、この状態でも快適に打つ事が出来る。



2012-03-07 : M式以外 全般 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

久しぶりにブログを更新 最近のパソコン環境

excomputer 2011年11月にツクモeXcomputer i7-2600 3.6Ghz デスクトップを購入する。
ブログの更新を怠っていた理由は、64ビットへの移行を真剣に考えていたため。
前の記事でもM式が使えないなら64ビットへは移行しないと宣言したせいもあって、昨年暮れにcorei7のパソコンに買い換えたときも躊躇無くウィンドウズ32ビットにした。
しかしその頃からウィンドウズの他にアンドロイドのトランスフォーマーを使いようになったため、結局使いづらいQWERTY配列に戻らざるをえず、やむなくQWERTYとM式の両刀遣いになっていた。この先アンドロイドが中心になるとなるとやはりM式は捨てなければならないのかと真剣に考えていたため、ブログの更新がおろそかになったという次第。


Eee Pad TF101 30年以上もパソコンと付き合ってきたが、1年まえまではスケジュールはいまだに紙に印刷して確認してきた。電話ですぐに日程の確認をしたいときなどは全くパソコンは役に立たない。そのためいつも紙のスケジュールでチェックして、自宅に戻ってからパソコンに入力していた。既に中高年という層に入るわけで、携帯電話などのスケジュールはとてもじゃないが目に優しくなくて読めたものではない。
そうこうしているうちにやって見るかというわけで購入したのがEee Pad TF101 いわゆるトランスフォーマーというキーボード一体型のアンドロイド端末。 とにかくネットがすぐに見ることが出来て、開けばすぐにスケジュールが確認出来るということではパソコンにはとてもまねが出来ない。これで紙をみる早さで見ることが出来たのでとても重宝している。


GALAXY Tab SC-01C
キーボード一体型を購入したのは、やはり入力はキーボードでないと思考のスピードに追いつかないため。実は最初に購入したアンドロイドはGALAXY Tab SC-01C 7インチタブ。タブレットの先駆けで7インチあれば携帯より視認性は大幅に良いので中高年の私にも十分見ることが出来る。これがきっかけでアンドロイドの虜になってしまった。しかし暫く使って唯一不満に思ったのが入力の問題。M式が使えないのはやむを得ないとして、フリック入力も含めて画面タッチでの入力は基本的にタッチタイプが出来ないということ。これではだめと思って購入したのが上のEee Pad TF101なのである。




2012-02-23 : M式以外 全般 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

⑤母音をひらがなで練習する--日本語入力ON--

いままでで”母音+スペース+エンター”を練習してきました。
練習では全て日本語の入力はOFFにしてきましたので、表示されるのは”aiueo”だけでした。
子音の練習の前に、日本語(ひらがな)を表示する練習をします。子音の練習では全て漢字(ひらがなや漢字)の練習になります。
当分の間は日本語といっても”ひらがな”での練習です。”ひらがな”から”漢字”にするには変換キー(通常はスペースキー)を押すだけですのでタッチタイプの為に練習するほどのものでもありませんので。

※現在記事作成途中※
2010-11-07 : ⑤母音をひらがなで練習 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

実際に試してみよう④--エンターキー(改行)の練習--

次はエンターキー(改行)の練習です。少し難しいですが頑張って!
指使いで最も難しい右手小指の練習をしましょう。エンターキー(改行)は、文章などの入力時には文字通り行を改める動作になりますが、一般的には実行キーともいわれて決定動作の際に押されます。マウスでは”OK”ボタンをクリックするのと同じ意味を持つキーです。
エンターキーは最も良く使われるので、キーボードの右側に一番大きいサイズで配置されています。
担当は非力で不器用な右手小指が担当しますので、慣れるまでは少し苦労すると思います。
ですのでこの最も難しい小指が済めば後は楽です。慣れるとタッチタイプの雰囲気が掴めるはずです。

エンターキーの練習
右手をホームポジションにおいて下さい。
① 右手を広げながら(グーチョキパーのパーを出す感じで!)右にひねります。
  ちょうど小指がエンターキーの上辺りに来るはずです。
② 小指の先端に少し力を入れながら上から下に”ぽん”と叩きます。
③ 叩き終わったら、手の力をすっと抜きます。
④ ひねった手がもとに戻りながらホームポジションに帰ってきます。

①~④までは小指で叩く動作を細かく説明しましたが、実際には手をぱっと開きながら小指でぽんと叩きますので、一瞬で動作が終了します。
”ぱっと開いて” ”ぽんと叩いて” ”すっと戻す”  というのが実際の操作感覚です。
これを繰り返します。エンターキーを叩く度に改行されていくのが画面で確認出来るはずです。

”母音+スペース+エンター(改行)の練習方法”の詳細
”A(あ)”の入力
4本の指全体を少し上に上げてから人差し指だけ”ぽん”と下に叩きます。
”ぽん”とキーを叩いたら、4本の指をホームポジションに戻します。
 
”I(い)”の入力
4本の指全体を少し上に上げてから中指だけ”ぽん”と下に叩きます。
叩き終わったら、4本の指をゆっくりと下に下ろしてホームポジションに戻します。

”U(う)”の入力
4本の指全体を少し上に上げてから薬指だけ”ぽん”と下に叩きます。
叩き終わったら、4本の指をゆっくりと下に下ろしてホームポジションに戻します。

”E(え)”の入力
4本の指全体を少し上に上げてから小指だけ”ぽん”と下に叩きます。
叩き終わったら、4本の指をゆっくりと下に下ろしてホームポジションに戻します。

”O(お)”の入力
4本の指全体を少し上に上げてから人差し指を少しだけ右に開いてから”ぽん”と下に叩きます。
叩き終わったら、開いた人差し指を戻してから4本の指をゆっくりと下に下ろしてホームポジションに戻します。

”スペース”の入力
右手全体を広げながら少し上に上げます。そのまま親指でスペースキーを”ぽん”と下に叩きます。
叩き終わったら、少し開いた右手全体をもとに戻しながら静かにゆっくりとホームポジションに下ろします。

ここまでを5回繰り返します。

”エンター(改行)”の入力
① 右手を広げながら(グーチョキパーのパーを出す感じで!)右にひねります。
  ちょうど小指がエンターキーの上辺りに来るはずです。
② 小指の先端に少し力を入れながら上から下に”ぽん”と叩きます。
③ 叩き終わったら、手の力をすっと抜きます。
④ ひねった手がもとに戻りながらホームポジションに帰ってきます。

ここで改行されます。

最初に戻って「A(あ)」から繰り返し、母音+スペースを5回入力したらエンターキーを押します。
これを何度も繰り返します。




2010-11-04 : ④エンターキー(改行)の練習 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

yuki

Author:yuki
PC歴約30年 キーボード大好き人間で配列は「QWERY」から「Dvorak」を経て途中「かな入力」も経験しながら「親指シフト」を真面目に習得し、約10年前からはM式に全面移行して現在に至る。
年を取るとM式ほど疲れない配列はないと感謝している毎日です。

最新コメント

最新トラックバック

M式 カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。