特に中高年の方に知ってもらいたい”M式キーボード配列”の紹介ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

pomeraDM100とEee Pad Transformerはベストな組み合わせ!

pomeraDM100 pomeraを発売日即日(実は翌日だが)購入した。一号機のDM10も使っていたがふたを開けるギミックが面倒だったり、扱える文字数に大きく制限があったりと入力専門機としては良いものと思っていたのだがほぼ1ヶ月ほど使って友達にあげてしまった。その後の小規模な改訂があったが購入には至らなかったが、DM100が発表されたスペックを見て即買いに至った。
価格は多少高いが私が欲していた機能がすべて盛り込まれていることを考えれば十分安いともいえる。


蛇足だがpomeraを購入する層のほとんどは開閉するキーボードのギミックに魅せられていると思うが、私にとってはこれは不要。ギミックとしてはおもしろいが開閉する手間が掛かる。ふたを開けてキーを開いてスイッチを入れると3アクションもかかる...というわけで私にとってはDM100は希望通りの進化となった。
因みに進化した内容は次の通り、すべて欲しいと思っていたものだ。

 ●キーボードの折りたたみ機能がなくなった事。
 ●扱える文字数が大幅に増えたこと。
 ●バックライトがついて暗いところでも書けること。
 ●親指シフトが使えること。
 ●ATOK内蔵ということ。
 ●そしてここが重要...「Bluetoothキーボードになること」

pomeとTF101 この最後のBluetoothキーボードになるというのが即買いの理由。
前の記事に戻るがEee Pad Transformer TF101を購入してアンドロイドの起動の早さ、キーボード一体型からくるパソコンと劣らない入力環境、Excel、Word、PowerPointが閲覧程度であれば十分使えるということが分かってきたので、最近は外出時にはこれ一本で済ますことが出来るようになってきた。
だが暫く使ってきているうちにもう少し欲が出てきた。重さである。TF101はキーボードを合わせると約1.3キロ強。
パナソニックのノートより重い。年をとると重量が気になるため最近はキーボードを外して外付けBluetoothキーボードを購入して使っている。これで幾分重量を稼ぐことが出来た。ならば一体型のTF101を購入する意味がないという意見も出てくるがまさしくその通りなのだ。
思考を整理するために素早く書けるという環境はやはりpomeraは群を抜いている。文字以外は全く駄目なためスケジュール確認やワードエクセルなどにはアンドロイドのTF101が必要で、この二つを持ち歩くことで軽さを得ながらパソコンと同等の作業を出先でも出来るというわけである。
上の写真のようにpomeraの画面を少し閉じる形で使っている。タッチタイプで入力しているのでキーボードは見ないため、この状態でも快適に打つ事が出来る。



スポンサーサイト
2012-03-07 : M式以外 全般 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

久しぶりにブログを更新 最近のパソコン環境

excomputer 2011年11月にツクモeXcomputer i7-2600 3.6Ghz デスクトップを購入する。
ブログの更新を怠っていた理由は、64ビットへの移行を真剣に考えていたため。
前の記事でもM式が使えないなら64ビットへは移行しないと宣言したせいもあって、昨年暮れにcorei7のパソコンに買い換えたときも躊躇無くウィンドウズ32ビットにした。
しかしその頃からウィンドウズの他にアンドロイドのトランスフォーマーを使いようになったため、結局使いづらいQWERTY配列に戻らざるをえず、やむなくQWERTYとM式の両刀遣いになっていた。この先アンドロイドが中心になるとなるとやはりM式は捨てなければならないのかと真剣に考えていたため、ブログの更新がおろそかになったという次第。


Eee Pad TF101 30年以上もパソコンと付き合ってきたが、1年まえまではスケジュールはいまだに紙に印刷して確認してきた。電話ですぐに日程の確認をしたいときなどは全くパソコンは役に立たない。そのためいつも紙のスケジュールでチェックして、自宅に戻ってからパソコンに入力していた。既に中高年という層に入るわけで、携帯電話などのスケジュールはとてもじゃないが目に優しくなくて読めたものではない。
そうこうしているうちにやって見るかというわけで購入したのがEee Pad TF101 いわゆるトランスフォーマーというキーボード一体型のアンドロイド端末。 とにかくネットがすぐに見ることが出来て、開けばすぐにスケジュールが確認出来るということではパソコンにはとてもまねが出来ない。これで紙をみる早さで見ることが出来たのでとても重宝している。


GALAXY Tab SC-01C
キーボード一体型を購入したのは、やはり入力はキーボードでないと思考のスピードに追いつかないため。実は最初に購入したアンドロイドはGALAXY Tab SC-01C 7インチタブ。タブレットの先駆けで7インチあれば携帯より視認性は大幅に良いので中高年の私にも十分見ることが出来る。これがきっかけでアンドロイドの虜になってしまった。しかし暫く使って唯一不満に思ったのが入力の問題。M式が使えないのはやむを得ないとして、フリック入力も含めて画面タッチでの入力は基本的にタッチタイプが出来ないということ。これではだめと思って購入したのが上のEee Pad TF101なのである。




2012-02-23 : M式以外 全般 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

yuki

Author:yuki
PC歴約30年 キーボード大好き人間で配列は「QWERY」から「Dvorak」を経て途中「かな入力」も経験しながら「親指シフト」を真面目に習得し、約10年前からはM式に全面移行して現在に至る。
年を取るとM式ほど疲れない配列はないと感謝している毎日です。

最新コメント

最新トラックバック

M式 カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。