特に中高年の方に知ってもらいたい”M式キーボード配列”の紹介ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

はじめに(タッチタイプの勧め)

タッチタイプの為の日本語入力方式を紹介します。
QWERTY配列と決別し、「覚えやすく」「打ちやすく」「疲れにくい」M式という配列に変えて快適なキーボード入力環境を得ることが出来、これを是非ご紹介したいと考えてブログにしました


QWERTY
タッチタイプとは

タッチタイピング (Touch typing) は、パソコンやワープロにキーボード入力を行う際に、キーボード面を見ることなく指先の感覚だ けを頼りにしてキーを叩くタイピングの技術で ある。過去にはブラインドタッチの呼称が使われていたが、現在ではタッチタイピングが一般的である。タッチタイプ、タッ チメソッドとも呼ばれる。
(Wikipediaより)

タッチタイプとはキーボードを見ないで入力する方法です。
キーの位置を指が覚えているので、目線を常に原稿やディスプレイに向けて置くことが出来ます。
その為目の疲れも少なくてすみ高速に入力することが出来る利点があります。
反面、キーの位置を指に覚え込ませるために長い期間の練習が必要になります。

普段使っているキーボードの配列は!

タッチタイプにはキーの位置を指に覚え込ませる必要があり、習得には長い時間を費やす以外に方法がありません。
子供達や若い人の多くがタッチタイプが出来るのは、有り余る時間を練習に割けるからで、大人(中高年)にはそうそう時間を割く訳にいかず途中で挫折してしまう人が多いのではないでしょうか。
更に悪いことには、現在主流のキーボード配列がQWERTY(クワ-ティ)配列といって、昔のタイプライタ時代に使われていたものをそのまま引きずっていることです。
QWERTY並列
QWERTY(クワ-ティ)配列の特長は、“非常に”が付くほど
    ●覚えにくい
    ●打ちにくい
    ●疲れやすい

方式です。その為に特に年を取ってからタッチタイプを覚えるということは、かなり奇跡に近いことといえるのではないでしょうか。

次のような経験、感想、考えをお持ちですか?


  ○2本指でなら入力はある程度出来る。
  ○前にタッチタイプの練習をしたが途中で挫折した。
  ○新しいことを覚えるには年を取りすぎた。
  ○楽に覚えられて疲れの少ない入力方法はないのだろうか?


こうした経験、感想、考えを少しでもお持ちでしたら、このプログに付き合っていただく価値があると思います。
QWERTY配列のままタッチタイプを習得しようとすれば挫折するのは当たり前なので心配することはありません。
このブログでご紹介しているタッチタイプの方法は、「M式入力法」というもので、従来からあるQWERTY配列を“覚えやすい、打ちやすい、疲れにくい“ように変更したものです。
配列の変更はソフトで行いますので、いつでも今までの配列に戻す事も出来ます。
ソフト自体も無償やシェアウェア、市販の有償のものなどがありここで紹介していきます。




スポンサーサイト
2010-10-16 : はじめに : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

yuki

Author:yuki
PC歴約30年 キーボード大好き人間で配列は「QWERY」から「Dvorak」を経て途中「かな入力」も経験しながら「親指シフト」を真面目に習得し、約10年前からはM式に全面移行して現在に至る。
年を取るとM式ほど疲れない配列はないと感謝している毎日です。

最新コメント

最新トラックバック

M式 カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。