特に中高年の方に知ってもらいたい”M式キーボード配列”の紹介ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

実際に試してみよう③--スペースキー(空白)の練習--

スペースについて
 スペースは、文字一文字分の空白を入力するときに使います。キーボードの中で一番使われるキーがスペースです。
タッチタイプでは”右手親指”が担当します。 左手親指は全く使用しませんのでタッチタイプは9本指を使うと言うことです。
※タイプライタ時代の初期の頃には左手親指も使うとした時期がありましたが、早い時期からスペースは右手親指が担当といわれてきています。ですが右手親指が使えないときなどは左手親指を使うことは全く差し支えありません。

 ホームポジションに両手の指を置くと両方の親指は自然とスペースキーの両端近くに触れていると思います。
スペースキーの位置はキーボードの形状によって多少大きさも位置も違いますが、大体親指が自然と触れる位置にあると思います。小さめのスペースキーでも右手親指を少しだけ左に広げながら下に下ろすと間違いなくスペースキーを叩くことが出来るはずです。
それではホームポジション通りに両手の各指を置いて下さい。両手の親指は自然とスペースキーの上に置く形になるのを確認して下さい。

ワードを起動して入力する準備をします。
母音の練習同様、ワードやメモ帳、ワードパッドなど日本語を入力出来るソフトを起動します。
最初はひらがなには変換しませんので「半角/全角」キーを押して日本語入力をオフにしておきます。

スペースの練習
① 右手全体を広げながら少し上に上げます。(グーチョキパーのパーのように広げる感じです。)
② 右手を広げたままで、親指だけほんの少し力を入れながら”ぽん”と下に叩きます。
③ 叩き終わったら、少し開いた右手全体をもとに戻しながら静かにゆっくりとホームポジションに下ろします。

①~③と何度も練習して下さい。

母音+スペースの練習
母音とスペースを組み合わせた練習です。
人差し指、中指、薬指、小指の順にキーそのまま叩いて”AIUE(あいうえ)”と入力します。
人差し指を横に開いてO(QWERTY配列ではG)のキーを叩いて「O”お”」と入力します。

スペースの練習
「O”お”」と入力したら、右手を広げながら少し上に上げて、右手親指でスペースキーを”ぽん”と叩きます。
これ1文字のスペースが入ります。”AIUEOスペース”とこれでワンセット。これを何回も繰り返します。

もちろんキーボードは見ないで画面(ワード)上で文字が表示されるところを見ていて下さい。
打つ要領はゆっくりで構いません。ただ打つときは”ぽん”と叩く感じです。


”母音+スペースの練習方法”の詳細


”A(あ)”の入力
人差し指で”A(あ)”を打つときも、4本の指全体を少し上に上げてから人差し指だけ”ぽん”と下に叩きます。
キーは押し込んではいけません。ぽんと叩くのです。
”ぽん”とキーを叩いたら、4本の指をホームポジションに戻します。
母音の場合はゆっくり下に下ろすだけです。
※右手は意識しないで下さい。
※左手の親指も意識しないで下さい。(4本の指と一緒に動いても動かなくても構いませんということです)
 
”I(い)”の入力
4本の指全体を少し上に上げてから中指だけ”ぽん”と下に叩きます。
叩き終わったら、4本の指をゆっくりと下に下ろしてホームポジションに戻します。

”U(う)”の入力
4本の指全体を少し上に上げてから薬指だけ”ぽん”と下に叩きます。
叩き終わったら、4本の指をゆっくりと下に下ろしてホームポジションに戻します。

”E(え)”の入力
4本の指全体を少し上に上げてから小指だけ”ぽん”と下に叩きます。
叩き終わったら、4本の指をゆっくりと下に下ろしてホームポジションに戻します。

”O(お)”の入力
4本の指全体を少し上に上げてから人差し指を少しだけ右に開いてから”ぽん”と下に叩きます。
叩き終わったら、開いた人差し指を戻してから4本の指をゆっくりと下に下ろしてホームポジションに戻します。

”スペース”の入力
右手全体を広げながら少し上に上げます。そのまま親指でスペースキーを”ぽん”と下に叩きます。
叩き終わったら、少し開いた右手全体をもとに戻しながら静かにゆっくりとホームポジションに下ろします。







2010-11-01 : ③スペースキー(空白)の練習 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

yuki

Author:yuki
PC歴約30年 キーボード大好き人間で配列は「QWERY」から「Dvorak」を経て途中「かな入力」も経験しながら「親指シフト」を真面目に習得し、約10年前からはM式に全面移行して現在に至る。
年を取るとM式ほど疲れない配列はないと感謝している毎日です。

最新コメント

最新トラックバック

M式 カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。