特に中高年の方に知ってもらいたい”M式キーボード配列”の紹介ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

キーボードの配列をM式に変えるには(ソフトの紹介)

500.jpg
M式配列を使うには、キーボードを上図のように変更する必要があります。
前の記事でご紹介した専用のキーボードは既に発売終了しています。なにより専用のキーボードでは複数のPCを持ち歩く場合などには全く適さないものですので、現在使っているキーボードをソフト的にM式に変更出来るソフトを使用するのが現実的です。
キーの配列を変更するソフトは山ほどありますが、ここでは実際に私が使用しているものを2つご紹介しますので参考にして下さい。

M式五十音ソフト Ver2.0

560.jpg
(株)Qプレス 発売 定価1万円  ウィンドウズXPに対応
M式を本格的に使うことになったら迷わずこのソフト。M式配列の全てを実現してくれます。
しかも「ひらがな」ボタンを1回押す度にM式とQWERTY配列に瞬時に変更してくれます。
最初の内は五十音の入力は直ぐになれますが、英字の入力に戸惑うことがあります。
そんなときはQWERTYに変更して英字を入力し、終わったらまた直ぐにM式に変えるという
使い方が出来るのでとても使い勝手のよいソフトです。

残念ながらウィンドウズXPの時代に発売されたためビスタや7には正式に対応していません。
ですが管理者権限でインストールして問題なく使うことが出来ますので、M式を試されて良ければ是非使用されることをお勧めしたいと思います。

欠点としては、価格が1万円と比較的高いと思うこと(私自身は3万でも購入したいと思っています)
それと64ビットには対応していない事です。
私自身Windows7はデスクトップとノートを所有していますが、いずれも32ビットで使用中です。今後もこのソフトが新しいOSに対応しない場合は現状のままパソコンを使い続けるつもりです。

●それと念のためにお話ししますと、私はこのソフトの単なるユーザーです。強いて言えば熱烈なユーザーで、それ以外には(株)Qプレスとは一切の関係はありません。たまたまこのソフトに出会い、購入して使い始めて(私にとって)こんな良いソフトは今後とも出会えないし是非紹介したいと考えこのブログにまとめようとしているだけです。

Keylay
Keylay
福村 幸広 作  シェアウェア 1,050円  ウィンドウズXP Vista 7 (32bit)
※64bitでの動作はM式同様無理のようです。
シェアウェアですのでインストールしてから一定期間は無償で試すことが出来ます。M式を試して見るには重宝するソフトです。
M式五十音ソフトがベストですが試しに使うには1万円は高額です。
そこで次にお勧めがこのKeylayというシェアウェアソフト。
非常に自由度の高いカスタマイズ機能を持っていて、自分に合った最適な操作環境を築くことができます。
しかもカスタマイズの操作もとてもシンプルです。選択クリック、割り付けクリック、更新クリックの3クリックで完了。
M式五十音ソフトはM式配列に一気に変更してくれますが、反面CtrlとCaps Lockの入れ替えなど個々のキーのカスタマイズが出来ません。そうしたときにもKeylayは欠かせません。
M式を試したい場合にはまずこのKeylayで配列を変更して試して、自信がついてからM式五十音ソフトを使うというのが良いかも知れません。
なお、Keylayと五十音ソフトは同時にインストールしても全く問題なく使用出来ます。
私はこの2つのソフトを使用して(正確には五十音ソフト全体の配列を変更して、個々のキーはKeylayでカスタマイズして使っています。




2010-10-23 : M式に配列を変えるソフト : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

yuki

Author:yuki
PC歴約30年 キーボード大好き人間で配列は「QWERY」から「Dvorak」を経て途中「かな入力」も経験しながら「親指シフト」を真面目に習得し、約10年前からはM式に全面移行して現在に至る。
年を取るとM式ほど疲れない配列はないと感謝している毎日です。

最新コメント

最新トラックバック

M式 カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。