特に中高年の方に知ってもらいたい”M式キーボード配列”の紹介ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

実際に試してみよう①--Keylayを使ってM式配列に変更する--

Keylay21のインストール
これまでの記事を読んでみて試して見たいと思いましたら、早速実践してみましょう。
まずはキーボードの配列を変更する手順です。
最初は「Keylay21」で試して見るのが良いと思います。以下のURLが作者のKeylay21のHPで、そこにダウンロードファイルがあります。
最新ヴァージョンは 2.2.2.5 で対応OSはWindows 2000,XP,Vista までとなっていますが、7でも動作します。
ただ64bitは不可のようです。 なお95,98,MEは「Keylay for Windows98」というヴァージョンで対応しています。こちらも同じURLに掲載されています。
http://www.jomon.ne.jp/~yukihiro/

なおVectorのソフトウェアライブラリの以下のコーナーでもダウンロードできます。ここにはシェアウェアとしての詳細もありますので気に入って購入する場合はこちらが便利です。
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se025484.html

ダウンロード後インストールすると、以下の画面が表示されます。
kEYLAY933.jpg  
配列の変更は3ステップで完了です。
  1.上段のキーボードの配列で変更したいキートップをクリックします。
  2.下段のキーボードの配列で変更したいキートップの位置でクリックします。
  3.画面最上段のツールバーの一番左にある「設定完了」ボタンをクリックします。
これで窓が閉じて、以降の入力から変更したキー配列で入力が始まります。
複数のキーをまとめて変更したい場合は、1と2の操作を繰り返します。

この配列はM式を試して見るための配列です。

よく見るとお気づきですが、この配列は少しおかしいと感じるかも知れません。
そうです。下段左下の「Z V B」のキーの割り当てが完了していないため2箇所に同じキーが
配置されています。ですがM式を使って行くと決めましたらこの箇所にもキーを割り当てますので今回お試し中はこの部分は気にしないで先に進んで下さい。

Keylay21の起動と終了
Keylayはインストールするとパソコンを起動すると同時に常駐します。
終了するときはタスクバー右側にあるKeylayのアイコンを”右クリック”して終了を選ぶだけです。
終了後に再び起動したい場合は、デスクトップにショートカットアイコンを作成しておいてダブルクリックすれば直ぐに起動します。
練習するときだけKeylayを起動して、練習が終わったらKeylayを終了すれば今までの入力環境のままM式の練習をする事が出来ます。




2010-10-25 : ①Keylay21のインストール : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

yuki

Author:yuki
PC歴約30年 キーボード大好き人間で配列は「QWERY」から「Dvorak」を経て途中「かな入力」も経験しながら「親指シフト」を真面目に習得し、約10年前からはM式に全面移行して現在に至る。
年を取るとM式ほど疲れない配列はないと感謝している毎日です。

最新コメント

最新トラックバック

M式 カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。