特に中高年の方に知ってもらいたい”M式キーボード配列”の紹介ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

実際に試してみよう③--スペースキー(空白)の練習--

スペースについて
 スペースは、文字一文字分の空白を入力するときに使います。キーボードの中で一番使われるキーがスペースです。
タッチタイプでは”右手親指”が担当します。 左手親指は全く使用しませんのでタッチタイプは9本指を使うと言うことです。
※タイプライタ時代の初期の頃には左手親指も使うとした時期がありましたが、早い時期からスペースは右手親指が担当といわれてきています。ですが右手親指が使えないときなどは左手親指を使うことは全く差し支えありません。

 ホームポジションに両手の指を置くと両方の親指は自然とスペースキーの両端近くに触れていると思います。
スペースキーの位置はキーボードの形状によって多少大きさも位置も違いますが、大体親指が自然と触れる位置にあると思います。小さめのスペースキーでも右手親指を少しだけ左に広げながら下に下ろすと間違いなくスペースキーを叩くことが出来るはずです。
それではホームポジション通りに両手の各指を置いて下さい。両手の親指は自然とスペースキーの上に置く形になるのを確認して下さい。

ワードを起動して入力する準備をします。
母音の練習同様、ワードやメモ帳、ワードパッドなど日本語を入力出来るソフトを起動します。
最初はひらがなには変換しませんので「半角/全角」キーを押して日本語入力をオフにしておきます。

スペースの練習
① 右手全体を広げながら少し上に上げます。(グーチョキパーのパーのように広げる感じです。)
② 右手を広げたままで、親指だけほんの少し力を入れながら”ぽん”と下に叩きます。
③ 叩き終わったら、少し開いた右手全体をもとに戻しながら静かにゆっくりとホームポジションに下ろします。

①~③と何度も練習して下さい。

母音+スペースの練習
母音とスペースを組み合わせた練習です。
人差し指、中指、薬指、小指の順にキーそのまま叩いて”AIUE(あいうえ)”と入力します。
人差し指を横に開いてO(QWERTY配列ではG)のキーを叩いて「O”お”」と入力します。

スペースの練習
「O”お”」と入力したら、右手を広げながら少し上に上げて、右手親指でスペースキーを”ぽん”と叩きます。
これ1文字のスペースが入ります。”AIUEOスペース”とこれでワンセット。これを何回も繰り返します。

もちろんキーボードは見ないで画面(ワード)上で文字が表示されるところを見ていて下さい。
打つ要領はゆっくりで構いません。ただ打つときは”ぽん”と叩く感じです。


”母音+スペースの練習方法”の詳細


”A(あ)”の入力
人差し指で”A(あ)”を打つときも、4本の指全体を少し上に上げてから人差し指だけ”ぽん”と下に叩きます。
キーは押し込んではいけません。ぽんと叩くのです。
”ぽん”とキーを叩いたら、4本の指をホームポジションに戻します。
母音の場合はゆっくり下に下ろすだけです。
※右手は意識しないで下さい。
※左手の親指も意識しないで下さい。(4本の指と一緒に動いても動かなくても構いませんということです)
 
”I(い)”の入力
4本の指全体を少し上に上げてから中指だけ”ぽん”と下に叩きます。
叩き終わったら、4本の指をゆっくりと下に下ろしてホームポジションに戻します。

”U(う)”の入力
4本の指全体を少し上に上げてから薬指だけ”ぽん”と下に叩きます。
叩き終わったら、4本の指をゆっくりと下に下ろしてホームポジションに戻します。

”E(え)”の入力
4本の指全体を少し上に上げてから小指だけ”ぽん”と下に叩きます。
叩き終わったら、4本の指をゆっくりと下に下ろしてホームポジションに戻します。

”O(お)”の入力
4本の指全体を少し上に上げてから人差し指を少しだけ右に開いてから”ぽん”と下に叩きます。
叩き終わったら、開いた人差し指を戻してから4本の指をゆっくりと下に下ろしてホームポジションに戻します。

”スペース”の入力
右手全体を広げながら少し上に上げます。そのまま親指でスペースキーを”ぽん”と下に叩きます。
叩き終わったら、少し開いた右手全体をもとに戻しながら静かにゆっくりとホームポジションに下ろします。







2010-11-01 : ③スペースキー(空白)の練習 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

実際に試してみよう②--ホームポジションと母音の練習--

キーボードの配列をM式に変更できたら、早速タッチタイプの練習をしてみましょう。
両手を置いておく位置(ホームポジション)や、姿勢、目線などはM式でもQWERTY配列でも全く変わりません。
タッチタイプの基礎は市販の本などで覚えていただくとして、ここではどのように練習していくかをご説明していきます。
ホームポジション500
QWERTY配列

WS000048のコピー
M式配列

ホームポジションについて

ホームポジション 上の図の青で囲んだキーがホームポジションです。
AとS(QWERTY配列ではFとJ)に左右の人差し指を置いて順次中指、薬指、小指と置いていきます。
図の上部に担当する指の名前が記載してあります。各列の範囲のキーを各指が担当することになります。人差し指は器用なので隣の列のキーも担当します。
そして担当するキーを入力したら必ずこのホームポジションに戻ってきます。
何時もホームポジションからスタートすることによって各指がキーの位置を覚える事が出来るのです。

それでは上図のホームポジション通りに両手の各指を置いて下さい。各指が担当するキーは決まっていますので打ったら何時もこの位置に戻ります。今回は左手だけを使いますが右手も上図のように置いておきます。

ワードを起動して入力する準備をします。
練習のためにワードやメモ帳、ワードパッドなど日本語を入力出来るソフトを起動します。
最初はひらがなには変換しませんので「半角/全角」キーを押して日本語入力をオフにしておきます。

母音の練習
一番最初は母音の練習です。M式では左手だけを使います。
人差し指、中指、薬指、小指の順にキーそのまま叩けば”AIUE(あいうえ)”と表示されるはずです。
「O”お”」は、人差し指を横に開いてO(QWERTY配列ではG)のキーを叩けば入力出来ます。

まずはAIUEOとなんども入力して下さい。
もちろんキーボードは見ないで画面(ワード)上で文字が表示されるところを見ていて下さい。
打つ要領はゆっくりで構いません。ただ打つときは”ぽん”と叩く感じです。


”母音の練習方法”の詳細


”A(あ)”の入力
人差し指で”A(あ)”を打つときも、4本の指全体を少し上に上げてから人差し指だけ”ぽん”と下に叩きます。
キーは押し込んではいけません。ぽんと叩くのです。
”ぽん”とキーを叩いたら、4本の指をホームポジションに戻します。
母音の場合はゆっくり下に下ろすだけです。
※右手は意識しないで下さい。
※左手の親指も意識しないで下さい。(4本の指と一緒に動いても動かなくても構いませんということです)
 
”I(い)”の入力
4本の指全体を少し上に上げてから中指だけ”ぽん”と下に叩きます。
叩き終わったら、4本の指をゆっくりと下に下ろしてホームポジションに戻します。

”U(う)”の入力
4本の指全体を少し上に上げてから薬指だけ”ぽん”と下に叩きます。
叩き終わったら、4本の指をゆっくりと下に下ろしてホームポジションに戻します。

”E(え)”の入力
4本の指全体を少し上に上げてから小指だけ”ぽん”と下に叩きます。
叩き終わったら、4本の指をゆっくりと下に下ろしてホームポジションに戻します。

”O(お)”の入力
4本の指全体を少し上に上げてから人差し指を少しだけ右に開いてから”ぽん”と下に叩きます。
叩き終わったら、開いた人差し指を戻してから4本の指をゆっくりと下に下ろしてホームポジションに戻します。


母音をマスターしたら目標の50%は達成したも同然です!!

言葉で書くと冗長になりますが、感じがつかめたでしょうか。
4本の指はホームポジションからほとんど離れません。ですからキーボードを見ないでも間違いなく打てるはずです。
日本語はほとんどが「母音+子音」で成り立っていますので、母音の位置を覚えると約5割近いキーを見ないで打てると言うことになります。
まずはこの母音の練習を時間を掛けて行ってみる事が、早くタッチタイプを習得する近道です。


2010-10-26 : ②ホームポジションと母音の練習 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

実際に試してみよう①--Keylayを使ってM式配列に変更する--

Keylay21のインストール
これまでの記事を読んでみて試して見たいと思いましたら、早速実践してみましょう。
まずはキーボードの配列を変更する手順です。
最初は「Keylay21」で試して見るのが良いと思います。以下のURLが作者のKeylay21のHPで、そこにダウンロードファイルがあります。
最新ヴァージョンは 2.2.2.5 で対応OSはWindows 2000,XP,Vista までとなっていますが、7でも動作します。
ただ64bitは不可のようです。 なお95,98,MEは「Keylay for Windows98」というヴァージョンで対応しています。こちらも同じURLに掲載されています。
http://www.jomon.ne.jp/~yukihiro/

なおVectorのソフトウェアライブラリの以下のコーナーでもダウンロードできます。ここにはシェアウェアとしての詳細もありますので気に入って購入する場合はこちらが便利です。
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se025484.html

ダウンロード後インストールすると、以下の画面が表示されます。
kEYLAY933.jpg  
配列の変更は3ステップで完了です。
  1.上段のキーボードの配列で変更したいキートップをクリックします。
  2.下段のキーボードの配列で変更したいキートップの位置でクリックします。
  3.画面最上段のツールバーの一番左にある「設定完了」ボタンをクリックします。
これで窓が閉じて、以降の入力から変更したキー配列で入力が始まります。
複数のキーをまとめて変更したい場合は、1と2の操作を繰り返します。

この配列はM式を試して見るための配列です。

よく見るとお気づきですが、この配列は少しおかしいと感じるかも知れません。
そうです。下段左下の「Z V B」のキーの割り当てが完了していないため2箇所に同じキーが
配置されています。ですがM式を使って行くと決めましたらこの箇所にもキーを割り当てますので今回お試し中はこの部分は気にしないで先に進んで下さい。

Keylay21の起動と終了
Keylayはインストールするとパソコンを起動すると同時に常駐します。
終了するときはタスクバー右側にあるKeylayのアイコンを”右クリック”して終了を選ぶだけです。
終了後に再び起動したい場合は、デスクトップにショートカットアイコンを作成しておいてダブルクリックすれば直ぐに起動します。
練習するときだけKeylayを起動して、練習が終わったらKeylayを終了すれば今までの入力環境のままM式の練習をする事が出来ます。




2010-10-25 : ①Keylay21のインストール : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

キーボードの配列をM式に変えるには(ソフトの紹介)

500.jpg
M式配列を使うには、キーボードを上図のように変更する必要があります。
前の記事でご紹介した専用のキーボードは既に発売終了しています。なにより専用のキーボードでは複数のPCを持ち歩く場合などには全く適さないものですので、現在使っているキーボードをソフト的にM式に変更出来るソフトを使用するのが現実的です。
キーの配列を変更するソフトは山ほどありますが、ここでは実際に私が使用しているものを2つご紹介しますので参考にして下さい。

M式五十音ソフト Ver2.0

560.jpg
(株)Qプレス 発売 定価1万円  ウィンドウズXPに対応
M式を本格的に使うことになったら迷わずこのソフト。M式配列の全てを実現してくれます。
しかも「ひらがな」ボタンを1回押す度にM式とQWERTY配列に瞬時に変更してくれます。
最初の内は五十音の入力は直ぐになれますが、英字の入力に戸惑うことがあります。
そんなときはQWERTYに変更して英字を入力し、終わったらまた直ぐにM式に変えるという
使い方が出来るのでとても使い勝手のよいソフトです。

残念ながらウィンドウズXPの時代に発売されたためビスタや7には正式に対応していません。
ですが管理者権限でインストールして問題なく使うことが出来ますので、M式を試されて良ければ是非使用されることをお勧めしたいと思います。

欠点としては、価格が1万円と比較的高いと思うこと(私自身は3万でも購入したいと思っています)
それと64ビットには対応していない事です。
私自身Windows7はデスクトップとノートを所有していますが、いずれも32ビットで使用中です。今後もこのソフトが新しいOSに対応しない場合は現状のままパソコンを使い続けるつもりです。

●それと念のためにお話ししますと、私はこのソフトの単なるユーザーです。強いて言えば熱烈なユーザーで、それ以外には(株)Qプレスとは一切の関係はありません。たまたまこのソフトに出会い、購入して使い始めて(私にとって)こんな良いソフトは今後とも出会えないし是非紹介したいと考えこのブログにまとめようとしているだけです。

Keylay
Keylay
福村 幸広 作  シェアウェア 1,050円  ウィンドウズXP Vista 7 (32bit)
※64bitでの動作はM式同様無理のようです。
シェアウェアですのでインストールしてから一定期間は無償で試すことが出来ます。M式を試して見るには重宝するソフトです。
M式五十音ソフトがベストですが試しに使うには1万円は高額です。
そこで次にお勧めがこのKeylayというシェアウェアソフト。
非常に自由度の高いカスタマイズ機能を持っていて、自分に合った最適な操作環境を築くことができます。
しかもカスタマイズの操作もとてもシンプルです。選択クリック、割り付けクリック、更新クリックの3クリックで完了。
M式五十音ソフトはM式配列に一気に変更してくれますが、反面CtrlとCaps Lockの入れ替えなど個々のキーのカスタマイズが出来ません。そうしたときにもKeylayは欠かせません。
M式を試したい場合にはまずこのKeylayで配列を変更して試して、自信がついてからM式五十音ソフトを使うというのが良いかも知れません。
なお、Keylayと五十音ソフトは同時にインストールしても全く問題なく使用出来ます。
私はこの2つのソフトを使用して(正確には五十音ソフト全体の配列を変更して、個々のキーはKeylayでカスタマイズして使っています。




2010-10-23 : M式に配列を変えるソフト : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

M式専用キーボードの変遷(今は使われてはいません)

M式専用キーボードの歴史を簡単にご紹介します。


PC-WORD-M(昭和58年8月発売)
M式キーボード最初の製品(PC-8800シリーズ用)です。








文豪NWP-5N用M式キーボード(昭和59年9月発売)
ワープロ専用機「文豪NWPシリーズ」用。機能キーを中央に配置







PC-9800用M式キーボード(昭和61年11月発売)
統合ソフトウェアをバンドルした製品






楽々キーボード
楽々キーボード(平成7年1月発売)
M式入力を市販のアプリケーションソフトで利用できるようにした最初の製品








エルゴフィットキーボードエルゴフィットキーボード(平成10年9月発売)
NECとジャストシステムの両社が「PC98-NXシリーズ」上での日本語入力環境の開発を進めて発表したのが「エルゴフィットキーボード(M)」。日本語の特性 を活かしたキー入力の省略や左右交互打鍵が可能なキーボードを商品化とATOKの高精度な変換技術が生かされたもの。発表と同時に即購入しました。









2010-10-23 : M式専用キーボード : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

yuki

Author:yuki
PC歴約30年 キーボード大好き人間で配列は「QWERY」から「Dvorak」を経て途中「かな入力」も経験しながら「親指シフト」を真面目に習得し、約10年前からはM式に全面移行して現在に至る。
年を取るとM式ほど疲れない配列はないと感謝している毎日です。

最新コメント

最新トラックバック

M式 カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。