特に中高年の方に知ってもらいたい”M式キーボード配列”の紹介ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

M式キーボード配列について

M式キーボード配列について

下図が”M式”というキーボードの配列です。
M式配列250
○”母音”は左側に配置され、左手が担当します。
 ・左側は”あいうえお”の母音のみ配置されています。
 ・母音自体も規則正しく配置されています。
○”子音”は右側に配置され、右手が担当します。
 ・子音自体も
   中段:”かさたなは”と左から順に五十音表順に子音が並び、
   上段:”まやらわぱ”と順序よく並んでいます。
○濁音は中段の各子音の下に対応する濁音が規則正しく並んでいます。
   か(K)=ば(G) さ(S)=ざ(Z) た(T)=だ(D) は(H)=ば(B)

五十音表に基づき、綺麗に規則正しく配置されているのが「M式」の最も優れた特徴であり利点です。
母音と子音を左右に分けたことと、規則正しく配置したことによる利点は

①一番目の利点は、覚えやすいということ
左手の担当を見てみます。
左右の手を置いておくホームポジションは今までと変更ないので、左手人差し指は”A(あ)”に置き、”IUE(いうえ)”に”中指、薬指、小指”とおきます。 人差し指は”A(あ)”と”O(お)”の二つを担当します。
ホームポジションに各指を置いた瞬間に”あいうえ”の文字に指を配置していますので、母音を打つ場合直ぐにタッチタイプが出来てしまいます。
”QWERTY配列”だと”い”はどの指で何処を打つの? ”え”はどこ? ”お”はどこ?などと悩む必要が全くありません。タッチタイプが初めての人でも手を置いた瞬間に母音の位置を把握できてしまいます。

右手の担当を見てみます。
右手は人差し指、中指、小指を”STNH(さたなは)”の順におきます。 人差し指は”S(さ)”と”K(か)”の二つを担当します。
ホームポジションに手を置いた瞬間に”さたなは”を直ぐに入力する位置が分かります。”か”は人差し指を少し左に開いて打つことになります。
そしてQWERTY配列でも特に覚えづらい濁音の位置がM式では直ぐに理解できる仕組みになっています。
子音のあるキーの下段にその濁音が配置されていますので、例えば”Z(ざ)”という濁音は”S(さ)”の下にあると覚えるだけで良いのです。半濁音も同様で、”H(は)”の濁音はその下に”B(ば)”があり、H(は)の上に”P(ぱ)”がありますので、子音を覚えた瞬間に濁音と半濁音が同時に覚えたと言うことになります。


②二番目の利点は、疲れにくいということ
エルゴフィット250
エルゴフィットキーボード (平成10年9月発売)
パソコンの周辺機器として発売されたM式専用のキーボード。専用と謳っているだけにエルゴノミクスに基づいた形状ですが、使用してみると意外に使いづらく途中で挫折しました。念のために言っておきますが、M式配列が使いづらいのではなくてキーボードの形状と文字キーの周りに配置された機能キーが使いづらかったのです。今では私のキーボードコレクションとして大事な飾り物になっています。

両手を左右交互に使うとリズミカルに入力出来て疲れにくい
タッチタイプをする上で「疲れにくい」入力の仕方とはどのような状態を言うのでしょうか。人間工学的には様々な観点があるのでしょうか、私自身としては「左右の手で交互に打つ」というのが最も疲れにくいと考えています。
両手8本(親指を除く)の指をバランス良く左右交互に使うとリズミカルに一定のスピードで楽に入力する事が出来ます。
片方の手に入力する文字が集中するととても疲れます。
日本語の大部分は「子音+母音」で成り立っています。M式ではこの特徴を生かして母音と子音を分けることによって左右交互に入力する仕組みを実現しています。

ものは試しです。「東京に行く(toukyouniyuku)」という文字を入力して見て下さい。

ローマ字入力では「toukyouniyuku」と入力すると「とうきょうにゆく」となります。
 (○は右手 ●は左手)

  • QWERT式では  「●○○○○○○○○○○○○」と左手で「T」を1回打ったら、後は全て右手のみで12回続けて入力することになります。右手が極端に多く、しかも上段のキーに集中しています!
クワ-ティtoukyou200
「toukyouniyuku」で使うのは母音はi,o,u子音はk,t,n,yの合計7文字。上図を見て分かるように左手で「T」と打ったら、後は全て右手で入力する事になります。
片方の手で続けて入力するのはとても疲れますし、しかもほとんどのキーが上段に配置されていますので、ホームポジションから指が離れる率も高くなります。.どの程度疲れるかは実際に試して見てご自身で体験して下さい。
  • M式では     「○●●○○●●○●○●○●」と右手を6回、左手を7回使います。両手をバランス良く使って、加えて”Y"キー以外は中段を使用していてホームポジションのままで手の移動が少ないのが分かります。

M式toukyou200

M式では”おう”という文字は母音”O(お)”下段にあり慣れるとこちらを使いますので、実際には「○●○●○●○●○●」と見事なほどに左右交互に入力ししかも右手、左手とも綺麗に5回づつでリズミカルに入力する事が出来ます。


M式キーボードについて
説明が遅くなりましたが、M式キーボードは日本電気の森田正典さんが開発したキーボードです。 森田さんはマイクロ波通信技術の専門家でしたが、60歳をすぎてから日本語入力の研究をされ1983年3月学会発表しその後このキーボードを開発されたとの事です。
富士通のかな入力方式の”親指シフト”の対抗してかは知れませんが、ローマ字入力としての日本電気の「M式」は、どちらも理にかなったとても良い配列でしたが、当時は専用のキーボードがないとパソコンで利用が難しかったことから、一部の愛好家のみに終わってしまっているのがとても残念です。
ただ両者とも配列をシュミレートするソフトが発売されており、どのパソコンでも利用することが出来るようになりましたので、試して見る価値は大いにあると思っています。





2010-10-22 : M式の配列 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

キーボード--理想の配列とは--

キーボードにおける理想の配列とは                       

パソコンに日本語を入力することを前提に考えると、キーワードは「高速」「覚えやすい」「疲れにくい」の3つではないでしょうか。
「高速」 
 これは一定のスピードで入力出来れば良いと思います。タイピストではないのですから、日本一を目指してなどということではないでしょう。文章を考えながら入力するのに十分なスピードがあれば問題ないと考えます。
「覚えやすい」

 一旦覚えてしまえばこの項目は必要ないのですが、配列を覚えるまではこの項目が一番重要になります。ほとんどの方がタッチタイプが出来ないのはこの項目に該当するからでしょう。
 ですから一番必要かつ重要なのが「覚えやすくなければだめ」というです。
「疲れにくい」

 長時間画面を見ていれば目が疲れる、姿勢が悪ければ直ぐに疲れるなどの要件は別として、入力方式から来る疲れの原因はリズミカルに打てない為だと思います。
 両方の手で左右交互に文字を入力出来ることが一番疲れにくい入力方式と言えます。

キーボードの配列の種類                             

現在主流の(というかこれしか見当たらない)QWERTY配列以外にも、無数の配列が過去から発表されてきました。
ここでは代表的と思える、QWERTY、ドボラック、親指シフトと私がおすすめしたい「M式」の各配列について簡単に特徴などを書いてみますので参考にして下さい。(M式については、新しい記事として書く予定です。)

「QWERTY配列」

QWERTY並列
 タイプライタで採用された配列がそのまま現在のパソコンのキーボードに引き継がれています。上段の左上から右に6文字取ってQWERYという名前になりました。
この配列には規則性がありません。強いて言えば打ちづらくするために考案された配列と言っても良いかも知れません。
例えば、中段一番左側に”A”という文字が配置されています。タッチタイプでは左小指が担当するAの文字は、英文では一番多く使用されます。小指が担当するためあまり早く入力する事が出来ません。早く楽に入力するためには、本来中段中央に配置すべきなのです。
ハンマーの構造  
 この図はタイプライタで文字が打ち出す構造の写真です。文字を打つと手前側のお椀型に配置された文字のハンマーが図の上段中央にある一点をめがけて飛び出してきて紙に印字される仕組みです。
もし中央辺りに”A”の文字が配置されていると頻繁にAのハンマーが飛び出してきます。早く入力すると次に入力する文字のハンマーと戻ってくる文字のハンマーが絡まってしまいます。
ハンマーがジャムった様子
この図が絡まった様子です。こうしたことを避けるにはゆっくり打つかなるべく絡まないように良く出る文字(例えばAとかO)を離して配置する必要がありました。
配列に規則性が無いために覚えやすくはなく、加えて覚えてからもリズミカルに入力する迄には至っていません。

結論から言えば機械に優しくするのを優先したため、人間には優しくない配列になりました。

「Dvorak(ドボラック)配列」

 Dvorak配列(ドヴォラック配列)は、アメリカのオーガスト・ドヴォラック(August Dvorak)によって考案されました。
考え方の基本は、文章中に出てくる文字の頻度を考慮して配列を構成し直した点にあります。
ですから効率よく入力するには大変向いている配列です。ただ英文が中心でありこの配列で日本語を入力する場合には最適とは言い切れません。
 加えて配列を覚える為の規則性は考慮されていないため、覚えやすいとも言えません。(配列図は省略)

「親指シフト配列」

   親指シフト300
 昔富士通のパソコンやワープロに採用された方式でもあり、私もかって愛用した配列です。ローマ字入力方式ではなく、かな文字を直接入力するので打鍵数が少なくて済むという利点があります。
 仮名文字50音を配置するには4段の配列が必要ですが、最下段に配置した親指を併用することによってキーボード3段のみで全ての仮名文字を配置することを可能にしています。
 文字入力に英文字と同じ3段のみで済むために高速で入力する事が出来ます。
 作家などの著名人やタイピストなどの高速入力を重点に置くひとに重宝されています。驚くことに現在でもこの配列を採用した単体のキーボードが販売されており、この方式を愛用する人が一定数いることを裏付けているようです。

 この方式の弱点は、覚えにくいという点につきます。覚えてしまえば高速に入力する事が出来ますが、配列に(覚える為の)規則性が無いために覚えるのに大変な労力を必要とします。
 早くからこの方式に慣れた方にとっては手放せないものではありますが、これからタッチタイプを始めようとする、特に中高年の人には、お勧めするには躊躇してしまうのが正直私の本音です。




2010-10-22 : 理想の配列 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

昔々...キーボードの配列について

キーボードの配列だけは昔から全く進化していない!

タイプライタ その昔タイプライタという指でキーを叩くと文字が紙に打ち付けられて文章を作成できる機械がありました。一時期はとても便利な機械と言うことで日本でもタイプ学校がはやったものです。
その後ワープロが普及し、パソコンに移行するとタイプライタは完全に過去の遺物として博物館か古い時代の映画のなかでしか見ることが出来なくなりました。
ですがタイプライタ時代に採用された文字を打つキーの配列は、その後パソコンの入力装置に引き継がれて現在にそのまま生き残っています。
このキーボードのキーの配列のことを、”QWERTY配列”といいます。皆さんがお使いのパソコンに付属するキーボードの配列がそうです。

悪貨は良貨を駆逐する

悪貨  この配列はタイピングするスピードを遅くするために考案されたため「使いづらく、覚えにくい」という特徴があります。ですが、単に普及しているからという理由だけで現在のパソコンの入力装置の主流として使い続けられています。
「使いづらく、覚えにくい」配列を使う理由は全くないわけで、これとは対照的に”使いやすく、覚えやすい配列がいくつか発表されて来ました。
ただ残念ながら物理的にキーボードを変えなければならなかったこともあり、主流とはならずに昔ながらのQWERTY配列をやむなく使っているというのが現状です。
最近はやむなくと言うよりも、使いづらい、覚えにくいということ自体疑問を抱くことすらなく使っているというのが実態ではないでしょうか。

良貨をを使うわずかな人々

タッチタイプの様子 ですが、わずかな人数ではありますが使いづらいQWERTY配列に決別して、別の方式に変えて日々入力に利用しているひとも現実に存在します。
このホームページはそんな”使いやすく疲れにくい、しかも覚えやすい”キー配列方式のひとつである”M式”という方式にキーボードのキーの配列を変えて使用しているユーザーの独り言です。
”M式”はとても良くできた配列で”覚えやすく、疲れにくいしかも効率的”と非の打ち所がないと言っても良いくらい良くできた方式です。
別の方式のため改めて覚える時間が必要というのが唯一の難点といえば難点ですが、これは別の方式に変える場合は全てに当てはまるので欠点とはいえないと思いますし、”M式”は他の方式の中でも飛び抜けて覚えやすいので、その点でもお勧めです。いまあるパソコンのキーボードでも直ぐに利用出来るので、多くの人にを是非紹介したいと考えてこのブログを立ち上げました。

タッチタイプを覚えたい貴方のために

もしあなたがまだ文字を入力するのに1本又は2本指でポツポツと打っているとか、是非キーボードを見ないで打てる(タッチタイプ)ようになりたいと考えている場合は、なおさらに”M式”がお勧めです。確実にしかも少ない練習時間でタッチタイプが身につくはずです。




2010-10-19 : キーボードの配列について : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

はじめに(タッチタイプの勧め)

タッチタイプの為の日本語入力方式を紹介します。
QWERTY配列と決別し、「覚えやすく」「打ちやすく」「疲れにくい」M式という配列に変えて快適なキーボード入力環境を得ることが出来、これを是非ご紹介したいと考えてブログにしました


QWERTY
タッチタイプとは

タッチタイピング (Touch typing) は、パソコンやワープロにキーボード入力を行う際に、キーボード面を見ることなく指先の感覚だ けを頼りにしてキーを叩くタイピングの技術で ある。過去にはブラインドタッチの呼称が使われていたが、現在ではタッチタイピングが一般的である。タッチタイプ、タッ チメソッドとも呼ばれる。
(Wikipediaより)

タッチタイプとはキーボードを見ないで入力する方法です。
キーの位置を指が覚えているので、目線を常に原稿やディスプレイに向けて置くことが出来ます。
その為目の疲れも少なくてすみ高速に入力することが出来る利点があります。
反面、キーの位置を指に覚え込ませるために長い期間の練習が必要になります。

普段使っているキーボードの配列は!

タッチタイプにはキーの位置を指に覚え込ませる必要があり、習得には長い時間を費やす以外に方法がありません。
子供達や若い人の多くがタッチタイプが出来るのは、有り余る時間を練習に割けるからで、大人(中高年)にはそうそう時間を割く訳にいかず途中で挫折してしまう人が多いのではないでしょうか。
更に悪いことには、現在主流のキーボード配列がQWERTY(クワ-ティ)配列といって、昔のタイプライタ時代に使われていたものをそのまま引きずっていることです。
QWERTY並列
QWERTY(クワ-ティ)配列の特長は、“非常に”が付くほど
    ●覚えにくい
    ●打ちにくい
    ●疲れやすい

方式です。その為に特に年を取ってからタッチタイプを覚えるということは、かなり奇跡に近いことといえるのではないでしょうか。

次のような経験、感想、考えをお持ちですか?


  ○2本指でなら入力はある程度出来る。
  ○前にタッチタイプの練習をしたが途中で挫折した。
  ○新しいことを覚えるには年を取りすぎた。
  ○楽に覚えられて疲れの少ない入力方法はないのだろうか?


こうした経験、感想、考えを少しでもお持ちでしたら、このプログに付き合っていただく価値があると思います。
QWERTY配列のままタッチタイプを習得しようとすれば挫折するのは当たり前なので心配することはありません。
このブログでご紹介しているタッチタイプの方法は、「M式入力法」というもので、従来からあるQWERTY配列を“覚えやすい、打ちやすい、疲れにくい“ように変更したものです。
配列の変更はソフトで行いますので、いつでも今までの配列に戻す事も出来ます。
ソフト自体も無償やシェアウェア、市販の有償のものなどがありここで紹介していきます。




2010-10-16 : はじめに : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム

プロフィール

yuki

Author:yuki
PC歴約30年 キーボード大好き人間で配列は「QWERY」から「Dvorak」を経て途中「かな入力」も経験しながら「親指シフト」を真面目に習得し、約10年前からはM式に全面移行して現在に至る。
年を取るとM式ほど疲れない配列はないと感謝している毎日です。

最新コメント

最新トラックバック

M式 カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。